EMS enoot (エネマネについて)

トーホーのEMS enoot(エヌート)の特徴

カタログダウンロードはこちら   >

多拠点向けエネルギーマネージメントシステム

個別空調・集中空調・冷凍機・LED照明の遠隔自動制御と見える化によるトータル省エネシステム個別空調・集中空調・冷凍機・LED照明の遠隔自動制御と見える化によるトータル省エネシステム

  • 1.無線による機器構成

    enootは主装置、計測ユニット、制御ユニットから構成されこれらの機器間は920MHz帯で無線通信を行います。
    有線配線工事が不要となり省施工・短工期が可能となります。

  • 2.豊富な制御機器

    各種センサー(温湿度、照度、圧力等)による制御や監視が可能です。

  • 3.直感的な画面操作

    ● 少ない画面遷移で見たい画面を表示
    ● マニュアル不要の直感的な操作
    ● 瞬時に状態把握できる画面表示
    ● 電力、デマンド、削減量などをリアルタイム表示

エヌート参考画面

詳しい導入実績はこちらをご確認ください。

当社および関連会社導入実績も含みます

EMS エネマネについて

EMSとは?

「Energy Management System」の略。
建物全体、部屋ごと設備ごとのエネルギー使用状況をリアルタイムに監視・管理・制御することができるシステムです。個々の設備やシステムにおける省エネ機能を組み合わせて、最大の効果を発揮するための調整を行います。電気の使い方を理解することで快適な設備環境を残したまま、不要なエネルギーを自動でカットする制御も可能です。
つまり、EMSを導入すると、電力ピーク時はもちろん、通常時にも不要に使われている設備の、電源停止や運転能力の調整を自動的に行い消費電力をコントロールします。 当社はこれらの運転に必要な設定値のチューニングを継続的に行い長期的な省エネを可能にします。

EMSエネマネ

当社は平成28年度、エネマネ事業者として採択されました。

※エネマネ事業者とは、省エネルギーや電力ピーク対策に寄与する設備・システムに対して、EMSを導入し、エネルギー管理支援サービスを通じて工場・事業所ごとの省エネルギーを支援する者として、SⅡ(一般社団法人環境共創イニシアチブ)に登録された事業者のこと。

EMSの有効性

人力で省エネ

<出来ること>
・ 照明をこまめにON/OFF
・ 空調温度の認定

メリット
・費用をかけずに出来る
・だれでも手軽に出来る
デメリット

・使用電力はある程度下がるが基本料金は下がり難い

・既に取り組み済みでほぼ限界
・最大需要電力がいつ発生しているか不明

機器更新で省エネ

<出来ること>
・ 照明のLED化
・ 高効率空調への更新

メリット
・省エネ性能が向上し削減効果大
・部分的に更新可能
・補助金の活用可能
デメリット
・設備費用がかかる
・設備単体での省エネの為、削減効果が
・分かり難い
・最大需要電力がいつ発生しているか不明

これらに対してEMSを導入すると…

EMSの導入(見える化+機器制御で省エネ)

<出来ること>
・ リアルタイム計測管理
・ 負担設備の自動制御

メリット
・電力見える化により省エネポイント把握
・自動、手動で機器制御し基本料金削減
・履歴が残せ、計画的に省エネ可能
・補助金の活用可能
デメリット
・設置費用とランニング費用がかかる
・適時チューニングが必要

EMSがあれば、最大需要電力の削減目標を立て計画的に
エネルギー使用量を抑え電気料金の削減が可能となります。
それにより、基本料金を年間を通して下げることができます。